パリ在住オタクのおしゃれでない日記

パリジェンヌとは程遠いオタクです。

悪女の定義 131話

ピッコマ連載中の漫画「悪女の定義」131話のネタバレ感想です。本国版を読んでいるので、色々と間違いもあると思いますがご容赦ください。

 

皇太子が皇后の罪を告発した後。捜査の結果、皇帝は皇后が殺人教唆の罪に当たるとし、全ての権利の剥奪と内宮の塔への幽閉を命じました。塔へ幽閉されて釈放された者はこれまで一人もいません。皇后は一生、塔の中で過ごすことになるのでした。シャティはあまりの結果に少し複雑な気持ちになりますが、皇后は自分の罪の代価を支払うだけなので、深く考えすぎずに前を向くように切り替えます。

意外と(?)あっさり、皇后パートは終了したということで良いのでしょうか?皇后も、証拠の隠滅は碌にせずにやりたい放題だったのかもしれませんね。

そんなシャティの元に、これまで特に交流のなかった皇妃たち3人が訪ねてきました。シャティのことをレジーナと呼ぶ皇妃ですが、シャティはまだ皇太子と結婚していないからと断ります。レジーナという称号は、結婚したレジーナだけに与えられるのだそう。しかし皇妃たちは朗らかに、遅かれ早かれ結婚するんでしょうと笑います。友好的な雰囲気にシャティはほっとして、お茶とお菓子でもてなします。

会話の中心は、1人のレジーナ出身の皇妃でした。皇后が廃位になった今、取り仕切っているのは彼女のようです。残りの2人は、レジーナ出身でもなく他国出身の妃でもありません。おそらく皇后が自分の派閥を固めるために送り込んだ皇妃のようですが、それにしても3人は仲が良さそうです。

考え込んでしまったシャティに、皇妃たちが容赦なく皇太子との仲について切り込みます。2人が毎日会っていること、皇太子がそんなことをするなんて意外、仲が良くて羨ましい…などなど。興味津々の皇妃たちはシャティを質問責めにします(笑)皇妃たちは、2人の関係が珍しいのだと話します。そこでシャティははたと、彼女たちが仲が良いのは、全員が夫である皇帝を愛していないからだと気付きます。シャティにとって妻たちが仲が良いのは変に思えるのですが、逆も然りで、皇室絡みの結婚で愛し合うというのはこの世界での常識外れ(もちろんとても幸運なのですが)なのです。シャティは、いずれ自分と皇太子の間にも同じ事が起こるのではないかと心配になります。皇室のために、あるいはシャティの他にも愛する女性が現れて皇妃を迎えることになれば、シャティはとても耐えられないと思うのでした。

ここでずっと個人的に気になっていた、「帝国民は、皇太子がアイリーンからシャティに乗り換えたと思っているのか?はたまたシャティ一筋だと思っているのか?」という極めてどうでもいい問題が、少し明らかになりました。皇太子の溺愛っぷりを見るに、アイリーンは以前の恋人だったかもしれないけれど本気の愛はシャティなんだわ〜〜と貴婦人たちが思ってくれていそうで安心しました!

シャティも、皇太子を心から愛している事が伝わってきましたよ;;前世であんなに傷ついたシャティですから、妾ができるなんて耐えられないですよね……さらに、さらっと皇妃3人は皇帝を愛していない、とシャティに言われてしまいますが、そうなれば皇帝は誰とも心から愛し合ってないことになりますよね!?可哀想。いや、皇后とは愛し合っていた可能性もありますが…まあなさそうですし。早くに亡くなったカイラードの母や、おそらくもういない(?)第5皇子ストラヴィンの母は心から愛していたかもしれませんが。少なくとも6人の妻がいるにも関わらず、孤独な皇帝ですね。

そこへ皇太子が現れました。皇妃たちの冷やかし(?)に、皇太子も軽く答えるとシャティの額にキスをします。皇妃たちは大興奮し皇太子も優しく微笑みますが、シャティは将来の自分たちの関係を考えると浮かない表情になります。

皇太子が来たことで会はお開きになり、シャティと皇太子は庭園を散歩します。皇太子はシャティの顔を引き寄せますが、気分の乗らないシャティは顔を背けてしまいます。めげずに抱きしめる皇太子。シャティが言葉を続けようとすると、皇太子は遮るようにキスをします。シャティが少し強くやめてほしいと断ると、そこへ、嫌がっているのはやめた方が良い、と止めに入る声がしました。

近づいて来たのはカイラードでした。皇太子とカイラードが睨み合いを始めてしまい、シャティは焦ります。

シャティが愛しくてたまらない様子の皇太子がかわいいです〜!隙あらばシャティにくっついていたい感じですね。初期の皇太子の冷たさと比べて、今の変わり様!!

シャティの心の問題は、きちんとクリアになるんでしょうか。皇太子に話したところで、そんなつもりない、と言われておしまいでしょうけれど…こればっかりは、態度で示さないとわからないですしね。

今まで登場してこなかった皇妃たちもここで登場しましたね〜!皇太子とシャティの関係に興味津々の美女たち、はっきりと訳すまではあまりの若さに、皇太子の姉妹なのかと思っていましたよ。この調子だと、カイラード以外の兄弟姉妹も今後出てくるのかもしれませんね。期待です。

 

いつもコメントやスター、閲覧ありがとうございます。とても嬉しく思っています!

前回、ピッコマの¥0+チケットの使い道に困っている話をしたのですが、おすすめを教えていただき充実した本棚になりました!本当にありがとうございました^^

まさか名作「ガラスの仮面」が読めるだなんて、皆さんご存知でしたか?しかもまだ連載中だったとは…!気にはなっていましたが未読でしたので、じっくり読んでいます^^

他にも、おすすめいただいた「世紀の悪女」が非常に面白く課金してしまいました。最終回まで読み終わってもずっと考えています……(笑)ヒロインのルリちゃんが健気で( ;  ; )幼なじみがまた素直でイケメンなのです…!性癖にささったまま取れません( ;  ; )沼に落ちました……こちら、調べたら単行本が出ておりました〜欲しい!

え?あれ?悪女の定義の単行本はいつ発売なんでしょうね……??

 

東京は雨が続くようですね。こちらはまた暑くなり、さらにコロナにデモ、ストライキの日々です。皆さんも、お気をつけてください。

f:id:aomilk:20200917032855j:image

前回の感想です。

aomilk.hatenablog.com