パリ在住オタクのおしゃれでない日記

パリジェンヌとは程遠いオタクです。

悪女の定義 114話

ピッコマ連載中の漫画「悪女の定義」114話のネタバレです。ハマりすぎて本国公式を読んでいるので、間違いもあるかと思いますがご容赦ください。

 

思いがけず部屋で2人きりになってしまった、病気のアイリーンとシャティ。アイリーンは意識を混濁した中でも、シャティに自分の激情をぶつけます。自業自得とはいえ、毒で意識が朦朧としているアイリーンを追求する気にはなれなかったシャティ。アイリーンが伸ばす手は震え弱々しく、罵る言葉も声になっていません。しばらくするとアイリーンは苦しそうに、再び意識を失ってしまいました。

シャティは、焦点の定まらないアイリーンの瞳にみなぎっていた憎悪と執念の感情にぞっとします。今度こそシャティは、彼女と上手くやっていくことは不可能だと悟ります。

自分の部屋に戻ったシャティは、物思いに沈みます。今までもアイリーンのことは好きではなかったのですが、今回は一線を越えてしまいました。もしシャティが皇后になったとしても、アイリーンとは平和に共存しなければなりません。それでも今のシャティは、彼女と上手くやっていく自信をなくしていました。アイリーンはもっと恐ろしいことをするに違いないという確信があったからです。シャティは、この中毒事件がアイリーンの自作自演だと証明できないかと考え始めます。そうすればアイリーンはレジーナとしての資格を失い、シャティに有利になります。

そこへ皇太子がシャティを訪ねてきます。最近の調子はどうかと聞く皇太子に、シャティは毎日話しているのに変な質問だとやや困り顔。ただの礼儀で挨拶だからと答える皇太子がキラキラ笑顔で、とってもかわいいです。シャティに一目会えるだけで嬉しいんですね〜〜皇太子からのシャティへの愛が重くて良いです。シャティはいつ愛を返してくれますかね(笑)

2人は部屋でティータイムを過ごします。シャティがアイリーンを看病したおかげで、シャティが毒を盛ったという噂は消えつつあるようです。ただ、皇室の警備隊も皇太子も調査をしているにも関わらず、アイリーンの自作自演の証拠はまだ見つかっていないのでした。証拠がないのに下手なことを広めれば、皇太子やシャティの立場も悪くなります(皇太子がずっとこの話の間に「わたしたち」と話しているのが地味に好きです〜もう完全に皇太子+シャティの図式なんですね!)アイリーン派がシャティを敵視しているのはもちろんですが、他の帝国民たちも病人のアイリーンに同情が向いています。シャティや皇太子たちは本性を知っていますが、アイリーンは表向きは聖女のイメージを作り上げています。はっきりとした証拠が見つかるまでは、軽はずみな行動はできないのです。そうでなければシャティがどんな目に合うかわかりません。悔しそうに拳を握りしめる皇太子に、シャティは慎重になることに同意し悲観しないように皇太子の拳をそっと握ります。え〜〜いつシャティが愛を返してくれるのかと思ったら、もう返してくれましたね!?違いますかね??笑 皇太子を冷静に諭すシャティこそ、聖女すぎて素晴らしいです。一緒に頑張りましょうと微笑むシャティに、皇太子も微笑み返します。皇太子の手がシャティの手を握り返し、シャティは若干引いてます(笑)皇太子の手つきがエロいんで仕方ないですね。ピッコマ71話の手つきもエロくないですか???笑 皇太子、シャティには慣れてもらうまでガンガンいくしかないですよ!お願いします!!

シャティと皇太子は、鉄鋼船プロジェクトの人選について話し始めます。シャティがまだ構想段階なので本人たちはもしかしたら断るかもしれないと話すと、皇太子は力ずくでも引っ張ってくるとキメ顔をします。かわいすぎます。そしてシャティに暴君じゃなかいと言われちゃいます。きっとシャティが選んだ通りにさせてあげたいんでしょうね!こんなに皇太子がデレデレになるなんて予想してましたか!?わたしはしてませんでした!!おいしい!!!

シャティが選んだのは、西部地域の緑化事業に尽力してくれたコーゲンとシャリアン、そして魔塔のマスター、シェルメロでした。魔塔は帝国の領域外なので説得次第ですが、帝国の人間であるコーゲンとシャリアンには皇太子から他の仕事を回さないで欲しいとシャティは頼みます。笑顔で頼むシャティに、皇太子は断れるはずもなく承諾します。こんなかわいいシャティに甘えられたら、皇太子はなんでも聞いてあげるに決まってるじゃないですかね!!シャティかわいい!もっとやってください!!しかし皇太子はちょっと微妙そうな顔で、シャティとコーゲンは仲が良すぎるのではないかと気にしています。シャティは皇太子がやきもちを妬いているのだとからかいます。皇太子が困って、さらに何も言い返せなくなって赤くなっているのが最高ですね!シャティがからかいたくなるのもわかります〜〜〜もっと慌てる皇太子が見たいので、どんどん言ってやってください!!こんなかわいい芙美ちゃん、前世でもモテモテだったに違いないですね!!!

皇太子が帰ると、シャティは候補者たちに通話機で連絡をとります。コーゲンは造船計画に快諾してくれました。崇拝しているシャティの頼みですし、片思い相手のシャリアンも参加予定だと聞いて嬉しそうなコーゲン。アイリーンの噂を耳にしているコーゲンはシャティを心配しますが、シャティはもしかして彼の魔法が役に立つのではないかと何か閃きます。

今回のシャティのドレス、ブルーグレーにちょっとピンクが入った色が綺麗で好みです。皇太子も同じようなカラーでお似合いです。それで遅まきながら気づいたんですが……狩猟祭でセクシーな真っ赤なドレスで登場したシャティ、シャティは赤が似合うから赤色のドレスだったんだと思うんですが、初期に「皇太子は緑より真紅を好む」って言われていたのであの時のシャティはめちゃくちゃ皇太子の性癖にささったのでは??

ということはそもそも緑の似合うアイリーン、パーソナルカラーの時点でシャティと勝負がついていたんですね…残念……勝手にシャティはスプリング、アイリーンはオータムかなと妄想しています(もちろん異論は認めます笑)

 

いつもコメント、スターなど、そして閲覧ありがとうございます。幸せです!!

関係ないですが、いただいたコメントをお返ししていたら記事上の広告がピッコマ漫画「ある姫」になって嬉しかったです(笑)最推しのパッパ…はあ〜顔が良い……みなさん、「悪女の定義」の広告って見たことありますか??見たいものです〜〜どのシーンを切り取られるんでしょうか。溺れる芙美ちゃんからの皇太子登場ですかね!?見た方いたら、ぜひどのシーンが出ているか教えてくださいませm(_ _)m

ちなみに私はなぜか「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」の広告を高確率で見ます。とにかくのんびり、悠々自適に暮らしたいのがバレているのでしょうか(笑)

 

前回の感想はこちら↓ 

aomilk.hatenablog.com